RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
古き良き時代の東ヨーロッパのセオリー
大学に行ったら良い給料と高い地位を得られるというのは本当だろうか?「一生懸命勉強していい成績をとれば、いい会社に入ってたくさん給料がとれるようになる」両親は私にそう言い続けてきた。親たちにとって、子供に良い教育をうけさせることは人生の目標でした・・それで子供が幸せになれると信じていたから。子供のころは勉強に、大人になってからは仕事に忙殺されてきました。そして、働くことに強い誇りを感じている。しかし、教えられたとおりの人生を歩んできたのに、安定も成功もどこにもないことに愕然とする。会社を辞めると、生きていく手段がないのだ。学校教育での成功は、実社会での安定を保障してくれるわけでない。過去の私たちが信じていたアドバイスは、恐ろしい過ちだったかもしれないのだ。今の時代では、「良い成績を取って、会社に就職しなさい」と簡単にアドバイスできない。今、私たちには新しい教育を必要なのだ。東ヨーロッパには、参考となるヒントが隠されています。
author:good1124conte, category:-, 22:40
-, -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:40
-, -, - -